貸切タクシーは少し贅沢

沖縄旅行で問題となる移動手段

沖縄へ旅行に行くとき、沖縄までほとんどの人は飛行機で行きます。時間に余裕があって人と違った旅行をしたいという人は、フェリーなどで行くこともできますが、現地での滞在時間を少しでも多く確保するためには、飛行機で行くことは必須となります。
ところが、現地に到着してからの移動手段が問題となります。沖縄にはモノレールが走っていますが、行動できる範囲は限られてしまいます。沖縄本島の観光地である首里城にはモノレールの終点駅から行くことができますが、美ら海水族館には行けません。また、モノレールは内陸部を走っているため、沖縄の青い海を見たい人にとっては、海岸へのアクセスとして使うことも難しいと言わざるを得ません。

沖縄観光に車での移動は不可欠

沖縄本島内を巡る観光を検討している人は、車での移動を第一に考える必要があります。その時、レンタカーを利用するか、貸切タクシーを利用するかによって楽しみ方や料金が変わるということを理解しておきましょう。レンタカーは同行者の誰かが運転しなければなりません。例えば、観光地でアルコールを飲みたいという場合、全員でというわけにはいきません。その代わり、料金は比較的安くすみますし、行き先や時間に融通がきくということが言えます。
その点、貸切タクシーは運転手がいるため、道に迷ったり予定より時間が大幅に遅れるということはなく、安心して観光地を巡ることができますが、料金的には高くなります。
行きたい場所や一緒に旅行するメンバーなども考えて、より良い方法を選択しましょう。